FC2ブログ
2019.02.10

櫻井陽司デッサン展 有難うございました

16年前の開廊記念展として企画しましたデッサン展。その原点回帰ともなる展覧会となり、多くの方々にご来廊いただき、沢山の感動の声を聞くことが出来ました。
「90以上生きて、線一本引いて死のう」と言った画家の生き方そのものが線にあらわれる、、線一本が無限の空間をつくる、、その線に心打たれた方々と充実した時間を過ごすことができました。
デッサンに始まりデッサンに終わる、、デッサンとは人生そのもの、、。素描とは素、基、元、本、源、、土台であると同時に、志でもあります。それをあらためて、デッサンと人とを通して教えられ、感じさせられました。
これからも画家の遺志を、少しでも繋いでいきたいと思っています。
「デッサンこそ最後迄の目的である。全てがデッサンにかかっている。そしてデッサンこそ喜びである。(櫻井陽司)」
gsawarabi.com
2019.01.11

日に新たなり 櫻井陽司デッサン展

2018.12.23

デッサン展 現在、企画中です

s-CCI20181218.jpg

2018.11.12

ギャルリさわらび開廊15周年記念展  「不合理ゆえにわれ信ず」 櫻井陽司+東千賀+安彦講平

ギャルリさわらび開廊15周年記念展
「不合理ゆえにわれ信ず」 櫻井陽司+東千賀+安彦講平

平成30年11月22日(木)~12月17日(月)
正午~午後6時 最終日は5時まで
[休廊日/日・水曜・12/6(木)]
12/4(火)より一部展示替えがございます

情熱(passion)に内包される受難(passion)。その深奥からこそ立ち上る新しい生命。passionという不合理を生きることで屹立せしもの。二人の画家と一人の造形作家にみるその垂直性は、いにしえと今とを結ぶいのちの往還を捉え、それ故に時代を経て清新さを失わない。芸術無限への道を灯す。「90以上生きて、線一本引いて死のう(櫻井陽司)」という愚直さ、不合理を抱擁することこそが、三者各々の情熱を支え、そしてそれ故にこそ、今という時代を生きる私共の魂の扉を叩く。(田中壽幸)

※ 「不合理ゆえにわれ信ず」とは、2世紀カルタゴの神学者テルトゥリアヌスの言葉とされ、また、未完の大作『死霊』(しれい)で知られる埴谷雄高氏の著作名。安彦氏と東氏は埴谷氏と親交あり、安彦氏編集「夜光表現双書」の書名は埴谷氏直筆に拠る。

fugori2018B.jpg

fugori2018A.jpg
2018.10.20

開廊15周年展

ギャルリさわらび開廊15周年記念展
 「不合理ゆえにわれ信ず」
櫻井陽司+東千賀+安彦講平
11月~12月
企画準備中 です
2018.09.24

伊藤俊展 CHAOS

Ito Shun Exhibition
2018.10/6土-8月. 11木-15月
正午-午後6時 9火10水休廊 最終日5時まで

CCI20180924_0001.jpg
CCI20180924.jpg
Posted at 12:39 | 未分類 |
2018.09.02

常陸國總社宮 まつりのたましひ展 [油彩画+木彫+日本画]

場所 常陸國總社宮 参集殿 (茨城県石岡市総社2-8-1)
日時 平成30年9月13日(木)~9月19日(水)午前9時~午後5時
主催 ギャルリさわらび
協力 常陸國總社宮 石岡のおまつり振興協議会
gsawarabi.com
まつりのたましひ
まつりのたましひ2

2018.08.26

三つの堕落

トルストイは芸術の三つの堕落として、内容が深い宗教性を失い貧弱になったこと、恐ろしく気取った排他的でわけのわからないものになったこと、率直さを失い技巧的になり模倣に堕したこと、と語っています(『藝術とはなにか』)。どれも大変示唆的ですが、三つ目の堕落について、報酬目当てに作られ、藝術家がある強い感情を自ら経験することを機に作られるものではなく、模倣によって生産する職人と化すとしています。「売れると云ふ事は考へなければいけない」という、櫻井陽司さんの言葉を重ね合わせることができるでしょう(櫻井陽司会通信第5号より)。
gsawarabi.com
Posted at 19:29 | 詩文 |
2018.07.24

暑中お見舞い

この土日は地元の村祭りにどっぷり浸かっていました。早朝から夜中まで、様々な準備や付き合い、、人の間を縫うような時間で、
炎天下の中、それでも力強く根を張る稲に目を瞠り、濃い緑の中の白い蓮の花と白鷺に見惚れ、、、。
神輿を担がせてもらったとき、神輿と一体となった塊感のまま、地に吸いこまれ、周囲の気に消え入るような感覚を覚え、不思議なものでした。その土地や自然そのものが自分であって自分でないような。
酷暑が続きますが、皆様、くれぐれもご自愛専一に。

Posted at 16:50 | 日記 |
2018.05.28

さゞれ石―佐々木誠の木彫展

平成30年6月3日(日)~16日(土)
正午~午後6時 [火・水曜休廊] 最終日は5時まで

sasaki2018b.jpg

sasaki2018a.jpg

gsawarabi.com