2013.07.22

映画「天心」

岡倉天心の映画「天心」が、この秋に公開されます。
岡倉天心 生誕150年 没後100年記念 映画「天心」公式サイト
東日本大震災の津波で跡形もなく流された茨城県五浦(いづら)の六角堂は、「五浦生」「五浦老人」「五浦釣人」といった号を用いた天心思索の場として知られています。
その六角堂を復元し、復興支援映画としてこの映画は制作されています。

津波で流される数年前に訪れた六角堂と、その断崖に打ち寄せる太平洋の白波を、今更ながらに思い出します。大震災当時水戸在住だった私は、あの日も水戸に在って、そして変わり果てた家や町の光景を目にすることになるのです。震災から間もなくして、六角堂が流されたと知りました。自分の中に、何かぽっかりと穴が空いたような気がしました。

≪偉大な藝術とは、その前でわれわれが死にたいと願ひさへするものである。≫
天心の言葉が思い出されました。

震災の日、足の踏み場もなくなった家の中の壁にかろうじて掛かっていた小さな蝋燭の絵に、私ははっとさせられました。それは私が画廊を始めるきっかけともなり、作品に出会った当初は名も知らなかった櫻井陽司さんの油彩画でした。知っているはずの絵が、全く別の絵に見えました。その絵の力、炎の輝きに瞠目させられると同時に、その絵のともしびに比べ、目の前のことに為す術もない自身へのどうしようもない腹立たしさ、無力感...。様々な感覚が一気に押し寄せ、からだが震えるのを感じました。
天心は『茶の本』の中で、武士道という「死の術」に対して、茶道という「生の術」を云いましたが、死生一如、その覚悟ということを思い、あの時、自ら進むべき道を直感しました。

天心を師とする代表的な画家に、水戸出身の横山大観がいます。彼の描いた「屈原」は楚の人、正道を往くも讒言によって国を去り、濁った世にあって我独り清む云々の辞を遺し、祖国の将来に絶望し、泪羅江(べきらこう、現在の湖南省長沙の北)に身を投じました。当時美術学校長を追われた天心の境涯と重なります。

≪今日、大量に流入する西洋の思想が我々を戸惑はせてゐる。ヤマトの鏡は曇らされた、といはうか≫
『東洋の理想』の中で天心は、藝術における日本的霊性の発顕の歴史をたどった上で、この言葉を発しています。歴史の中にこそ新しい時代の鍵があるとしても、しかし≪何か強力な補強≫≪闇を切り裂く刃のやうな稲妻の一閃≫が必要なのです。
現代においては、「ヤマトの鏡」の曇りは、西洋思想だけが原因ではないでしょう。西洋思想についても、革命思想と保守哲学と、そういうものを見極め、採るべきところを採っていかねばなりません。

大震災で大きな被害を受けた水戸偕楽園の一隅、千波湖近くの好文亭には、「何陋庵」(かろうあん)という茶室があります。好文亭の西北に附属する四畳半の草庵風茶室で、待合から茶室の入口は、躪(にじり)口ではなく貴人口で普通の障子が二枚立ててあり、貴人口より入れば正面右寄りに床、右(西)の壁に明り窓をとっています。震災前に訪れたときの、その空間全体から感じる簡素質朴さを好ましくおもいました。
水戸徳川家九代斉昭公は「何陋庵」の号を『論語』の「子曰く、君子之に居らば、何の陋か之れ有らんと」から採りました。自分の徳によって野蛮な風俗も善良に変え得るとしたそのこころに、大観が描いた屈原を想起させます。荒野をさ迷う屈原が手にしていた一本の花を。

≪マーテルリンクはもし花に羽翼があつたなら、人が近寄れば飛び去るであらうと言つた。・・・思想の花たる美術は羽翼を持たぬ。根は人生に根ざしている。美術が一時の賞玩の為に如何に摘まれ苅られ、小器の中に無理に押し込まれたかを思ふとき、私は苦しい。≫
天心の理想の壮大をおもうとき、それはこの言葉にみるような繊細さがあるがゆえのものとかんがえさせられます。

天心と同時代を生きた夏目漱石の作品に、洋画家を主人公とした『草枕』があります。これを発表後、漱石は次のような言葉を残しています。
≪只きれいにうつくしく暮らす即ち詩人的にくらすといふ事は生活の意義の何分一か知らぬが矢張り極めて僅少な部分かと思ふ。で草枕のような主人公ではいけない。あれもいゝが矢張り今の世界に生存して自分のよい所を通さうとするにはどうしてもイブセン流に出なくてはいけない。此点からいふと単に美的な文字は昔の学者が冷評した如く閑文字に帰着する。俳句趣味は此閑文字の中に逍遥して喜んで居る。然し大なる世の中はかゝる小天地に寝ころんで居る様では到底動かせない。然も大に動かさゞるべからざる敵が前後左右にある。苟も文学を以て生命とするものならば単に美といふ丈では満足が出来ない。丁度維新の当士勤皇家が困苦をなめた様な了見にならなくては駄目だらうと思ふ。≫

天心の言った「稲妻の一閃」と漱石の言う維新志士たちの困苦が連なって見えます。そして天心や漱石の「明治の精神」(この言葉は、漱石の『こゝろ』にも出てきます)をかんがえ受け継ぐことが、現代日本において大切なことではないかとかんがえています。長い歴史を貫き、受け継がれてきたものこそが、新しい時代の礎になるのではないでしょうか。「前後左右の敵」によって曇ってしまった「ヤマトの鏡」。それを先人たちが磨き続けたからこそ、今の私共が在り、そして現代において鏡を磨くのは私共自身であることを胸に、今を生きたいとおもいます。

映画「天心」は、茨城県内にて先行上映された後、11月に全国公開とのことです。
また、横浜美術館では、10月から「横山大観展 良き師、良き友」が開催されます。
いずれも楽しみです。

廊主


s-IMG_1828.jpg
ギャルリさわらび入口横の映画「天心」ポスター

※ 画廊のある奥野ビルは、昭和7年建築。手動式エレヴェーターが健在で、数々の撮影にも利用されています。