2014.01.20

東千賀さん制作万華鏡[華麗洞]の宇宙

東千賀さん制作の万華鏡、「華麗洞」。
その小窓からのぞく無限の宇宙。
幽遠にして清廉な美の鼓動は、ゆっくりと、時に激しく、大いなるものの息とともにある。
それは東さんの絵画世界と同期し、星座の灯に連なってゆく。


ハンス・カロッサの詩を思い浮かべ、書棚を探しました。此処に、書き留めておきます。


夕暮れはしだいに濃いく
山岳や町や谷間を閉ざしてゆくが
眼下には はや小さな窓辺の灯
数かぎりなく煌めき出す

地上の星は瞬きながら
しだいに澄みてしだいに和み
流れに沿って曲がっていって
天の星座に連なってゆく

(Hans Carossa 1911,初刷の表題は「夜想曲」)



「心の灯 東千賀の仕事展」、最終週になります。