2014.02.11

雪国からのおたより(「東千賀の仕事展」をご覧いただいて)

「心の灯 東千賀の仕事展」最終日には、真正のおもてなしをいただき、また礼状をいただき、ありがとうございました。
すでにご案内状に多角な面から作品群の光彩へと誘う(読む者を高揚させる)予告がありました。
誰も言わなかった、「芸術の全体性」ととらえたその視点にすい寄せられるように、ふらふらと出かけました。
東千賀さんの作品は、写真でも図版でも格別ですが、直面しなければわからないし、何度対面しても初めてみるような驚きがあります。このたびも。
とりわけ田中さん(廊主)がすすめてくださった「華麗洞」。おずおずとのぞけば何があるかは、分かっている。そしてとらわれてしまう。だが、あなたのお話が並走して、これまでにない経験をしました。東千賀さんのこれまでの作品群が華麗洞となり、華麗洞から作品群が生まれていくみたいでした。青い光源で照らしてくれた時、青緑色の光が満ち、壁の向こうの「水棲期―海場」の方へこぼれていきました。
「また会いにいらしてください(画廊からの御礼状の文言)」。
はい、行きますよ。
---
遠方、雪国からの御心厚きおたよりをいただき、ご了解を得て、此処に紹介させていただきました。こころより御礼申し上げます。
次の企画展(3月)までの間は、「夢十夜―水棲期・海場」など、東千賀さんの作品の一部を常設展示しております(水~土曜,12:00-18:00)。