2015.09.03

ある一日

きょうは、とてもお客様の多い一日でした。櫻井陽司会が始動した関係もあって、櫻井さんを親う方々や、メディアの方や写真家の方など普段懇意にさせていただいている方々、思いがけない画廊でのお客様同士の邂逅もあったり、開廊時間ぎりぎりに来られて櫻井会の入会を申し込まれる方など。ある種の交叉点のような存在に、この場はあるのかも知れません。でもそれは、ただすれ違うだけではない。櫻井会というひとつのかたちをつくることは、櫻井さんのご子息の遺言であると同時に、ひとつの覚悟を私がするということでもありますが、このかたちの中で今後はどのような交叉点が生まれるのか楽しみでもあります。
gsawarabi.com