2016.09.27

~10/8 「―角力国家ノ元気ヲ養フ― 木村浩之展 日本画と力士像」

「―角力国家ノ元気ヲ養フ― 木村浩之展 日本画と力士像」は、明日から後半戦(取り組み)に入っていきます。

今場所かど番大関で初優勝の豪栄道関が入門した境川部屋では、親方は弟子たちに、特攻隊員が出撃前に家族にあてた手紙の朗読を聞かせ、また、部屋の旅行でサイパン島を訪れた際には、落書きで汚された慰霊碑を皆で磨いたりしてきたそうです。

「部屋が、武士道精神を伝えようとしている」と言う舞の海さんも境川部屋で、場所での魅力的な解説は、神事や国技としての相撲の背骨の部分を大切にされているお気持ちが伝わってきます。

豪栄道関は大関昇進の口上で、「大和魂」と表現しました。本展で展示している日本画家木村浩之さんの言葉には、「大和心」とあります。古来、連綿と受け継がれてきたもの。長い歴史の受け継ぎに類の無い日本にあっては尚更、現代という時代にこそそのこころと共にありたいとかんがえています。根の無い花は無いのですから。

「―角力国家ノ元気ヲ養フ― 木村浩之展 日本画と力士像」。10月8日(土)まで。
gsawarabi.com