2012.04.08

献花 中川幸夫さん

中川幸夫さんが逝去されたとの報を聞く。日本美術の一つの時代が終ったのです。
12年程前の銀座の個展会場で、「献花」されたオリーブの木の側に佇んでおられた中川さんの御姿を時折思い出す(オマージュ瀧口修造展 中川幸夫 献花オリーブ)。主催された佐谷画廊の佐谷さんとも言葉を交わし、貴重な図版を譲って頂いた。
一週間ほど前の丁度中川さんがお亡くなりになった頃、知人の美術家の方と中川さんの話をしていました。もう一度、中川さんの花を見たいと。今のこの日本で。心底そう思っていたのです。強くそう思っていたのです。そして今もそう思っています・・。
願はくは花の下にて春死なむ・・、西行の死を思わずにはいられません。
こころよりご冥福をお祈りいたします。
廊主

「不可教不得被教是藝術 我無師承又不有弟子然而 師在人中亦人外」